常に行動しているといい事があります。

ABOUT

癌が見つかりました。

癌が見つかりました。

仕事が忙しくて、3年ほど人間ドックに行っていなかったのですが、あることが原因で人間ドックを受けることにしました。

なるべく、体中をくまなく調べてもらうために、PETとMRI(体と頭)のコースを選択しました。

私が行った人間ドックは、専門でやっておられる病院で、身分不相応な高めの料金でしたが、これで安心して、またガンガンに働けると思って、PETとMRI(体と頭)のコースを受けました。

やっぱり、専門でやっておられるだけあって、スムーズに検査項目を消化していけるので、ストレスを感じることなく全ての検査を受けることができました。

要検査の結果

約2週間ほどで、検査結果が郵送できました。

何か、特別分厚い感じの封筒で来ました。

嫌な予感とともに、中を出してみると、大腸と前立腺に異常がみられる旨の説明書きとPET画像が添えられていました。

「前立腺の方は、念のために。」

「大腸の方は、至急再検査が必要とのことが書かれていました。」

初めての大腸内視鏡検査

早速、いつもお世話になっている泌尿器科と胃腸・肛門科に予約を入れて、診てもらいました。

泌尿器の方は大丈夫だったのでが、内視鏡検査の結果・・・1cm大の癌が見つかりました。

最初は、信じられなかったです。

まさか、自分が・・・

大きな病院での再々検査

直ぐに、紹介状を書いていただき大きな総合病院での、再々検査することになりました。

検査の結果は、やっぱり癌・・・

内視鏡だけでの手術だけで大丈夫かも・・・

そういう思いは、木端微塵に砕かれる結果になりました。

内視鏡中は、意識がはっきりしていて、被験者もモニターを見ながら検査していきますので、検査中は先生との会話も可能です。

そこで、先生に「内視鏡だけでの切除だけで取り除くことができますか?」と尋ねると「それは、難しいかもしれません」とのことででした。

私が、恐る恐る「人口肛門になりますか?」と聞くと、「その方がいいと思います」

との回答でした。

癌は、色々な角度から写真撮影される都ともに、薬剤(?)を掛けて色付けされてさらに撮影されていき、最後に癌の一部を採取して、内視鏡検査は終了されました。

結果待ち

現在、このブログを書いているのが、2020年4月29日です。

ゴールデンウィークをはさんでいることから、結果は5月12日の火曜日になっています。

あ~長い。

また、経過を書いていきます。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

sasabon

常に行動あるのみ、半歩だけでも前に!

大腸癌を患って、永久人口肛門になってから、「やっておけばよかった」と思わないように、常に前進していきたいと心に誓っています。 半歩だけでも前に進めるように、常に動いていたい私です。

  1. 初めて空手の練習に参加してきました。

  2. 空手を始めます。

  3. 持ち家VS賃貸住宅

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

PAGE TOP