常に行動しているといい事があります。

ABOUT

sasabon

sasabonの仕事

  • 不動産投資
  • 投資用の海外不動産の斡旋
  • 知り合いが経営している小さな小さなホテル運営のお手伝い

これが、現在の私の仕事です。

不動産が好きな理由

 

 

投資には向いていないsasabon

不動産投資もう10年くらいになると思います。

はっきり言って、巷の不動産投資家の方達のように儲かっていません。

赤字にはなっていませんが、高校生のバイト代ぐらいにしかなっていません。

「いつかは、有名な不動産投資家のようになれる。」そう思っていました。

色々あって、私に足りないのは、勉強不足、努力不足、そして不動産投資をするためのお金不足ということが、最近になって分かってきました。

先のことはまったくわからない。

全世界で新型コロナ・ウイルスによる影響が、ホラー映画の様に人々の生活を脅かしています。

誰が想像したでしょうか?

今は、2020年4月20日ですが、約4ヶ月前までは、お正月気分で楽しい時期を過ごしていたのが嘘のようです。

現実が見えなかった私(現実を見ることができない人々)

これだけ、世界的に脅威を示す出来事が起こり、テレビ、ネットでも不要の外出をできるだけ止めるように言っても、理解できない人達がいるのが信じられないです。

多分、そういう人達は、

  • 自分だけは大丈夫
  • もし、新型ウイルスに感染してもすぐに治る
  • マスコミが騒ぎすぎ

ぐらいにしか思ってないはずです。

私が、癌を患うことがなければ、同じように思っていたと思います。

これは、今回のコロナ問題だけでなく、全ての事柄についても同じように感じます。

人間は、どうしても自分が好むような意見にしか耳を傾けません。

その他の意見や見解については、否定するか無視して、事に当たることが多いです。

その為に、多くの人が痛い失敗を経験します。

お金儲けなどは特にそうでうす。

「楽してお金を儲ける方法」「不動産投資は、株への投資と違ってリスクが少ない」「サラリーマン大家」色々とあります。

私も、もともと不動産関係が好きだったことと、それら魅力的なキャッチフレーズから、不動産投資を始めました。

結果は、赤字ではありませんが、それで暮らしていけるようなものではありませんでした。

退屈な日常は、終わることなく永遠に続くものだと思っていたsasabon

無限が時間があると思っていた私は、その内にお金がいっぱい儲かるはずだと思い「有名な不動産投資家の人達も、初めは金欠状態で頑張ってきて、今がある」と自分に都合のいい解釈をして、時間だけダラダラ過ごしていました。

違いました。

成功している不動産投資家の人達は、私のような時間軸とモチベーションで行動していないことが、分かってきました。

さらには、お金に対する知識が半端なくあります。

海外の不動産などを紹介していると、色々な人と交流を持つことができるようになります。

そういう方達とお会いして、お話しを聞いていると、どれだけ自分が甘かったかを痛感することができました。

10年かかって、ようやくわかりました。

遅すぎですね。

経済的な自由を確立しよう。

経済的な自由を確立するには、絶対にお金が必要です。

そのためには、がむしゃらに働いてお金を貯める必要があります、

でも、私のような何も才能や特技がない人間は、どしても肉体労働やサービス業のような職種を選ぶことになります。

それでも、寝る間も惜しんで働いても、稼げるお金の額はしれています。

実際に、そのような働き方をしたことがありますが、どんなに頑張っても、月に30万円かせげたらいい方でした。

確かに、30万円と言ったら大金ですが、そこから色々な税金を払うことになりますので、手元に残るお金は、本当に少なくなってしまいます。

しかも、自分自身の時間を切り売りして稼いだお金ですから、何のために働いているのか分からなくなってしますし、体の体調もよくなくなります。

疲れているので、なんでもないことでもイライラしてしまい、家庭内でもいざこざを起こしてしまっていました。

投資

そんこともあって、次に考えたのが投資でした。

投資には、色々なものがあります。

株式投資、不動産投資、投資信託、FX、金・・・

私の様な人間は、極論「楽してお金儲けがしたい」が根底にあります。

そんな考えの人が、楽してお金儲けできるほど、世の中は甘くありません。

私の様な、お金に対する知識不足の人間は、ある程度お金を用意してから、出来るだけ借金の額は少なくして、投資すべきです。

また、少額の投資物件では儲かるお金もたかがしれています。

投資の勉強のためにの少額投資なら、ありだと思いますが、私の好きな不動産投資はそうゆう訳にはいきません。

通常なら儲かる物件でも、今回の新型コロナ・ウイルスのようなことが起これば、まったく違った結果が出てきます。

儲かる物件は、それ自体が高額物件であることが多いので、購入した投資家にとっては大きな問題物件になってしまいます。

不測の事態が発生した場合でも乗り切れる資金が必要になってきます。

そのためにも、経済的に自由になれるような稼ぎ方を見つける必要があります。

それから、投資に挑んでも遅くはありません。

そのような経済的な余裕がなければ、投資には手を出さない方がいいと、私は思っています。

人が必要としているモノを提供できる商い

もちろん不動産投資で、お金儲けをやっていきたいとは思っています。

そこまで私がこだわる理由は、人が住む建物が好きだから。

素晴らしい建築物、芸術的な美しさではなく、人が住むための機能美はもちろんのこと、見た目の美しさも加わることにより、「住んでみたら、どれだけ楽しいだろう」と思えるドキドキ感を感じていきたいからです。

そして、お金を稼ぐには、現在会社員の方達は絶対に会社を辞めることなく、節約と副業を頑張ってお金を貯めていくことが、成功への近道だと思います。

生活の基盤がしっかりして、初めて次へのステップへ移ることができるようになります。

残念ながら、私はフリーランスとして仕事しているので、そんな形でのお金儲けはできません。

今までは、海外の不動産購入の斡旋や海外不動産投資の情報発信等によって、少しですがお金を稼ぐことができていましたが、新型コロナ・ウイルスの関係でとても難しい状況になっています。

悪いことは重なってやってくるもので、新型コロナ・ウイルス不況に合わせて、体に癌まで見つかってしまいました。

今後、経済面でも健康面でもどうなるかわかりません。

人が必要としている情報を発信していきながら、何とかお金儲けも頑張って、来年の今頃には、笑っていれるようにしたいです。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

sasabon

常に行動あるのみ、半歩だけでも前に!

大腸癌を患って、永久人口肛門になってから、「やっておけばよかった」と思わないように、常に前進していきたいと心に誓っています。 半歩だけでも前に進めるように、常に動いていたい私です。

  1. 初めて空手の練習に参加してきました。

  2. 空手を始めます。

  3. 持ち家VS賃貸住宅

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

PAGE TOP